Edit - ボリュームオートメーション

2015.01.13 Tuesday
Mixに使用する最終版となる波形の編集が完了したら
Gt. Vo.それぞれのトラックに
ボリュームオートメーション(以下、VA)をかきます。

【メリット】
・Mixのコンプ時にハイコンプにならないようにする
・VAを調整しておくことでコンプの効きを良くする効果がある

【デメリット】
・やりすぎると自然さが損なわれる

1. Gt.とVo.トラックの無音部分を消去
2. Vo.のVAをかく
3. Gt.のVAをかく(Vo.ほど細かくなくてよい)



▼Gt.とVo.トラックの無音部分を消去
演奏や歌がない部分は、Micがいきているため雑音がはいっている
ので、消す(音の余韻を消してしまわないように注意)

消した部分の前のクリップの後ろと
消した部分の後のクリップの前にフェードをかく

▼Vo.のVAをかく
まずは、Aメロ・サビ等のセクションごとにざっくりかく
⇒音の途中にならないよう、ワンフレーズごとにブレイクポイント2つ

次に、必要な箇所に対して細かくかく
⇒音の途中にかくことになるので、なめらかになるようブレイクポイント4つ

<例>
静かに歌ってるAメロを引き立たせるためにVAを上げる
強めに歌ってるサビがハイコンプにならないようにVAを下げる

▼Gt.のVAをかく
Gt.のHighとLowのVAをひとつにまとめたトラックを作成し
そのトラックでVAを調整

<例>
指弾きを引き立たせるためにVAを上げる
ストロークでハイコンプにならないようにVAを下げる

AメロのVo.はあえて静かに歌っている、といった場合
Gt.のVAを下げて調整する場合もある

category:Rec. & Mix. | by:mico | - | -

Profile


mico(ミコ)
ギターを紡ぎ、うたうたう。

mico オフィシャルサイト
Twitter
Facebook
Google+

SoundCloud
YouTube

Note
Shop

Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Category
Selected entry
Archives
Search
Others