Other Rec.&Mix.

2015.03.07 Saturday
micoうた レコーディング。
「恋」とはちがうMicで録り、ちがうMix.をしました。



エンジニアさんの数だけやり方があって
Gt.のRec.もMix.も、LRに分けないタイプのエンジニアさんと作業。

いままでのRec.&Mix.エントリーで紹介した内容と
違った箇所をしたためる。

<Rec.>
・Gt.をLRに分ける場合は、LowとHighを録るMicの距離を
 同じくらいにする(理由はMix.で)

・複数のMicを異なる距離で録る場合は
 各Micで録った音をまぜて深みを出すようなケース

<Mix.>
・Gt.のLowとhighをLRに振る場合、各Micの距離が同じである必要がある
 ⇒だからMix.の時、右(High)が大きくなってたのか(Click)と納得
  ※Rec.時、右(High)のMicの方がギターに近かった

・複数のGt.トラックを1トラックにまとめて左に振り、Delayで右に飛ばす
 ※Mic1本で録った単音をLRに振ると確かに真ん中あくけど
  固く深みのない音になってしまう

・Maxim的なプラグインは使わない
 ⇒Mix.を終えたオーディオデータを、ファイナライザーから
  さらにミキサーを通して、別トラックへバウンス

あと、エンジニアさんによってこんな違いもあったメモ
Gt.素材について

<音楽業界の経験ないMixエンジニアさん>
・手のタッチ音を雑音として消す
・Mixしやすいという理由で、Rec.時にエレアコを提案
(Normanさんの音で録りたいとお断りした)

<音楽業界のMixエンジニアさん>
・手のタッチ音を味としてそのまま残す
・使用ギターの音を最大限に活かすMix

当然ながら、音楽業界のMixエンジニアさんの方が
コミュニケーションとりやすかった。けど
育ってきた環境がちがうから好き嫌いは否めない。
category:Rec. & Mix. | by:mico | - | -

Profile


mico(ミコ)
ギターを紡ぎ、うたうたう。

mico オフィシャルサイト
Twitter
Facebook
Google+

SoundCloud
YouTube

Note
Shop

Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Category
Selected entry
Archives
Search
Others